オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in オーストラリア
  ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学inオーストラリア > ワーキングホリデー・留学基礎知識 > 留学・語学留学
留学・語学留学

■ 留学・語学留学て何?
シドニー大学

オーストラリアへの留学は治安の良さと手軽さからカナダと同様に日本人にとってとても人気のある留学先になっています。ここで言う「留学」とは、オーストラリアの語学学校、専門学校、大学などへ通うことを言いいます。

ちなみに、語学学校といっても、英語だけを勉強するわけではなく、一般英語コース、進学準備コース、英語検定コースはたまたビジネス英語コースなど目的にあった学校へ通うことが出来ます。

オーストラリアへ3ヶ月以上留学・語学留学したい場合は、学生ビザを取得し、留学生としてオーストラリアへ渡豪する事になります。この留学生向けの学生ビザでは、18歳以上の方が取得でき、オーストラリアの語学学校、専門学校、大学、大学院などへ通うことが出来ます。学生ビザの期間は学校のコース+1ヶ月間分発給され、現地での延長も可能です。ちなみに、学生ビザの取得には一般的に5〜10日程度必要とし、場合によっては4週間ほどかかる場合があります。

また、留学生が取得する学生ビザでは別途、労働許可(ワークパーミット)を申請する事で週20時間までの就労が許可されますので、語学学校などに通いながらアルバイトをする方も多い様です。

なお、ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの場合は極端な話、何もしなくても1年間滞在できますが、学生ビザで留学する場合は、学校の授業に80%以上参加していないと、学生ビザを取り消される場合があります。(;゚д゚) オーストラリアの労働許可証の取得については「労働許可(ワークパーミット)」を参照してください。



学生ビザの制限

学生ビザの申請条件
1.年齢: 申し込む学校の最低年齢を満たしている必要あり
2.期間: 学校のコース+1ヶ月分のビザが許可されます(現地での延長可)
3.就学: 3ヶ月/週20時間以上のフルタイムコースを受講する必要がある
4.就労: 週20時間まで(別途申請が必要)
5.回数: 制限なし
6.その他:
・留学生健康保険(Overseas Student Health Cover: OSHC)に必ず加入する必要がある
・オーストラリア大使館指定の病院で健康診断を受ける必要がある(指定病院のリストはコチラ
・申請料金は$420(労働許可申請は別途$60が必要)

さて、1口に学生ビザと言っても、オーストラリアの場合、面倒な事に7つのサブクラスと呼ばれるカテゴリがあり、自分にあったサブクラスを指定する必要があります。

サブクラス カテゴリ 意味
570 Independent ELICOS

英語集中講座等の英語コース

571 Schools 小・中・高校への入学および中・高等学校への正規交換留学プログラム
572 Vocational Education & Training 職業訓練学校でのコース(Certificate I〜IV、Diploma、Advanced Diplomaなど)
573 Higher Education 大学生(Bachelor、Graduate certificate、Graduate diplomaなど)
574 Masters and Doctorate 修士、博士課程
575 Non-award foundation studies/other その他
576 AusAID/Defence AusAIDまたはオーストラリア国防省に招聘されている方がコースを受講する場合

■ アセスメントレベル
オーストラリアでは国籍・上記サブクラスによりアセスメントレベルという5段階のレベル分けを行っており、1がもっとも申請が行いやすく、5が難しくなっています。と、ここまで書きましたが日本人はアセスメントレベル1になっているので、特に気にする必要はありません。ビバ日本人。キタ(゜∀゜)コレ

■ 学校の種類
オーストラリアでは語学学校、専門学校、大学、大学院などの学校があります。

学校の種類 概要
語学学校 英語を専門に勉強する学校でESL(English as a Second Language)と呼ばれています
専門学校(TAFE) オーストラリアの専門学校はTAFE(テーフ/Technical And Further Education)と呼ばれ、IT、マーケティング、観光業など様々な科目があります。オーストラリアではTAFEで就学し今後のキャリアへつなげる方や大学へ通う為のステップとしてTAFEへ通う学生が多いです
大学 オーストラリアには大学が全40校あり、学士号(Bachelor Degree)、準学士(Associate Degree)、準学士(Advanced Diploma)を取得する為の学校。一般的に3年制であることが多いです
大学院 ディプロマ(Graduate Diploma)、修士号(Master's Degree)、博士号(Doctoral Degree)を取得する為の学校です
その他 オーストラリアの大学・TAFEなどへ進学するためにファウンデーション・スタディ(Foundation Studies)というコースがあります。ここでは大学で受講する専門分野の基礎知識を学ぶ事ができます。主に大学進学への準備が必要な方や履修科目や成績が希望する大学の基準に満たない方が受講するコースです

オーストラリアの語学学校については「語学学校」を、TAFEや専門学校については「TAFE・専門学校」を、大学や大学院への留学およびファウンデーション・スタディについては「大学・大学院」を参照してください。

■ 各学校に必要な語学力と期間
以下は各学校の入学に必要な語学力と、コースの期間です。

学校の種類 入学に必要な語学力 コースの期間
語学学校 必要なし 学校・申し込み期間に依存
TAFE IELTS 5.5〜6.0 か TOEFL500〜550 ・Certificate I〜II:3〜8ヶ月
・Certificate III〜IV:6ヶ月〜1年
・Diploma:1〜2年
・Advanced Diploma:2〜3年
大学 IELTS 6.0〜7.0 か TOEFL550 ・学士号(Bachelor Degree):3年
・準学士(Associate Degree):2年
・準学士(Advanced Diploma):2〜3年
大学院 IELTS 6.5〜7.0 か TOEFL600 ・ディプロマ(Graduate Diploma):1年
・修士号(Master's Degree):1〜2年
・博士号(Doctoral Degree):3年


■ 留学生健康保険(Overseas Student Health Cover: OSHC)
オーストラリアへ留学する場合、留学生は留学生健康保険(OSHC)に加入する事が義務付けられています。ただし、留学生健康保険は海外旅行保険と異なりすべてをカバーしてくれる訳ではないので、必ず海外旅行保険にも加入しておく事をお勧めします。海外保険の詳細は「留学生健康保険(OSHC)」と「海外旅行保険」を参照してください。