オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in オーストラリア
  ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学inオーストラリア > ワーキングホリデー・留学準備 > 航空券の購入
ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学生向けの航空券

ワーキングホリデー(ワーホリ)・学生ビザ用航空券について
ワーキングホリデー(ワーホリ)・学生ビザでオーストラリアに入国する場合、往復航空券片道航空券の2種類の航空券があります。ワーキングホリデー(ワーホリ)・学生ビザの場合は、基本的には片道航空券でも入国可能ですが、オーストラリアのDIMIAのサイトを見ると以下の記述があり、ワーキングホリデー(ワーホリ)・学生ビザだからと言って、お金が無い、または所持金の証明も無い場合は問題になる可能性もあるので注意しましょう。(ま…実際は大丈夫でしょうが。。。)なお、管理人が片道航空券で入国した際は何も聞かれませんでした。 オーストラリアの飛行機

【オーストラリアのDIMIAのサイトより抜粋】
Q: Do I need a return ticket?
(Q:往復航空券は必要ですか?)
Yes, or be able to show that you have sufficient funds for a return or onward fare.You should also provide evidence (eg, bank statement or saving book) of sufficient funds,ie. A$5,000, for the initial stage of your holiday.
(復路の航空券を所持しているか、復路の航空券を購入できる所持金を保持している必要があります。
また、残高証明などの証明書を提出する事が必要な場合もあります。例:初期入国時として$5000)

なお、往復航空券にも種類があり、オープンまたはFIXと呼ばれる航空券があります。オープンは帰国日の設定が不要な航空券。FIXは航空券購入時に帰国日をしていしておく航空券です。ワーキングホリデー(ワーホリ)の方の場合、帰国日が決まっている場合はFIXでもいいと思いますが、帰国前にラウンドなどの旅行に行く場合などで帰国日を特に決めていない場合はオープンの方が便利です。

種別 内容
オープン 帰りの日付が入っていない航空券。1年間有効のものが多い
FIX 帰りの日が決まっている航空券。オープンに比べると安いのが特徴

片道航空券では、帰りの日が決まっていなかったり、帰りに飛行機に乗る都市が決まっていない場合などに便利です。その為ワーキングホリデー(ワーホリ)の方向けのチケットでもあります。ただし、必ずしも片道航空券の方が安くなるかと言うと、時期などにも左右されるので注意しましょう。

次に悩むのが、フライトの種別です。フライトには直行便乗り継ぎ便の2通りがあります。

種別 違い
直行便 日本からダイレクトでオーストラリアに行く飛行機。乗り継ぎ便より高価
乗り継ぎ便 日本から一度他都市・他国を経由してオーストラリアに行く飛行機
 ※乗り継ぎ便では経由地でスーツケースをピックアップする場合と、最終目的地まで行く場合の2つがあります。

なお、管理人は片道航空券、ソウル経由でオーストラリアに入国しました。カンタス航空などが安いですが、ギリギリまでチケットを取っていなかったので大韓航空の65,000円ぐらいの航空券できました。しかもストップオーバー(立ち寄り)が出来なかったので空港内で4時間ほど待機してました。。


ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学の為の格安海外航空券
オーストラリアへワーキングホリデー(ワーホリ)で行くにあたり、どうしても費用がかかるのが航空券ですが、以下のサイトでは往復・片道などの格安航空券を扱っていますので是非有効利用しましょう。最初の出費を抑えたい場合は片道で、念のため往復分を買っておきたい場合は1年オープンがいいでしょう。

■ 格安海外航空券
海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー
格安航空券を販売しています。また、空席状況をその場で回答してくれるサービスもありとても便利です。

海外格安航空券販売サイト
エアナビ.com
24時間オンラインで予約が出来ます。サイト上に検索窓があるので希望の航空券を検索するのに便利です。

e航空券.com
こちらもオンラインで格安航空券の検索ができます。日本発の片道・往復航空券を簡単に検索できます。

なお、航空券を購入する際にはクレジットカードで買えばマイルを貯める事ができます。
クレジットカードについては「クレジットカードの準備」を参照して下さい。

【航空券購入時の注意】
ちなみに、格安航空券を調べると1週間FIXの往復航空券の方が、片道航空券よりも安い場合がありますが、これは「往復」を使うことを前提とした値段であり、復路の航空券を破棄した場合には旅行会社より罰金などを請求されるケースがあります。購入時にも復路分を破棄する旨伝えると旅行会社の人はチケットを売ってくれない場合があります。また、イミグレの審査の際にもビザがワーキングホリデービザなのに滞在が1週間のFIXチケットを持っている場合、正直に話すか、嘘をつくのどちらかの選択肢になります。 オーストラリアの空港
上手く行った際は安上がりでいいですが、問題が発生した際は全て自己責任になるので注意しましょう。