オーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)と留学のポータルサイト

ワーキングホリデー・留学まるかじりバナー
ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学まるかじり in オーストラリア
  ワーキングホリデー(ワーホリ)と留学inオーストラリア > 生活の準備 > 銀行口座の開設
オーストラリアの銀行口座

■ オーストラリアの銀行
オーストラリアには、ANZ、National Bank、Westpac、Commonwealth Bank、CITIBANKなどがあります。この銀行ならどの都市に行っても困ることは無いでしょう。

オーストラリアの大手銀行
ANZ銀行 オーストラリア全土にあるANZ銀行です。日本からの口座を開設することができます。Webサイトはコチラ
National Bank銀行 オーストラリア全土にあるNational Bankです。管理人はここで解説しました。Webサイトはコチラ
Westpac銀行 Westpac銀行です。上記2銀行に比べると支店は少ないですが、それでも十分な数があります。Webサイトはコチラ
CITIBANK 日本でもお馴染みのCITIBANKです。日本で口座を開設すればそのまま利用することができます。Webサイトはコチラ
CommonwealthBank ANZやNational Bankに比べれば劣るものの、様々な都市に支店がある、CommonwealthBankです。Webサイトはコチラ


■ 銀行口座の開設
ワーキングホリデー(ワーホリ)や留学で来た方が仕事をするにしても、家を借りるにしてもオーストラリアの現地口座は必須です。また、家を借りる際等にも残高証明の提出を求められたり、働いた給料の振込先として現地口座番号を聞かれる事があります。

ちなみに、CITIBANKのワールドキャッシュカードはこちらで残高証明書を取る事ができません。試しに聞いてみたところ、あっさりと「日本の支店に確認してくれ」と言われました…ヽ(`Д´)ノウワーン
オーストラリアの銀行
オーストラリアの口座の種類はSavings Account、Cheque Account、Term Depositの3種類があります。

銀行口座の種類
Savings Account 普通預金口座
Cheque Account 当座預金口座
Term Deposit 定期預金口座
通常は、普通預金口座を開設すれば問題ありません。また、ワーキングホリデー(ワーホリ)・留学で来た方でも問題なく開設できます。なお、普通預金にも預金額に応じて、引き出し手数料などが無料になるタイプもあるので、 パンフレットを見せて貰うなどして確認しましょう。ただし、ここら辺は全て英語となるので、不安な方は、日本で鋼材開設の出来る ANZ銀行CITIBANK銀行 などを利用して日本から口座を開設しておくと便利かもしれません。
口座開設の際は、口座の種類、住所、預金額などを聞かれます。また、管理人が口座を開設した際はパスポートだけで大丈夫でしたが、念のため、国際運転免許証などもう1つ身分証を持っていった方が良いようです。

また、住所が決まっていない場合(モーテル住まいなど)でも、パスポートがあれば口座開設が可能ですが、キャッシュカードは郵送で送られてくる為、オーストラリアでの住所が決まってからとなります。その間の引き出しなどは窓口で対応してくれます。なお、カードの暗証番号はATMから変更が可能なので、カードが届いたら早めに暗証番号は変更しましょう。オーストラリアの大手の銀行は、ANZ銀行、National銀行 などがあります。銀行のリンクは「カテゴリリンク-銀行」を参照して下さい。

また、オーストラリアへのお金の持ち込み方は「ワーホリ・留学の費用と資金」を参照して下さい。

■ ATMの利用方法

ステップ1:カードの挿入と暗証番号の入力
オーストラリアの銀行
 
「Please enter your PIN」

まずは、銀行のATMに銀行のカードを入れましょう。入れるとPIN番号(暗証番号)を聞いてくるので、パネルから入力します。

オーストラリアでは暗証番号の事をPIN番号と言います。
ステップ2:引き出し・預け入れの選択
オーストラリアの銀行
 
「Please select your transaction」

どの取引を行いたいか表示されるので、引き出し(Withdrawal)や預け入れ(Deposit)などを選択します。

また、カードが新しく届いた場合は「Select New PIN」を選択することで暗証番号を変更できます。

※以下は引き出し(Withdrawal)を元に説明します。
ステップ3:口座種別の選択
オーストラリアの銀行
 
「Please select "from" account.」

アカウント(口座)の種別を選択します。普通預金口座を開設した場合は「Savings」を、当座預金口座を開設した場合は「Cheque」選択します。
ステップ4:レシートの有無の選択
オーストラリアの銀行
 
「Do you require a receipt?」

今回の取引のレシートを受け取るか選択します。まぁ、念の為貰っておいた方がいいでしょう。
ステップ5:金額の選択
オーストラリアの銀行
 

「Please select amount」

いくら引き出したいかを入力します。なお、大抵の金額はメニュー上に表示されているので、対応するボタンを押すか、メニュー以外の金額の場合はパネルより手動で入力します。

ステップ6:紙幣の選択
オーストラリアの銀行
 
「Please enter your bill mix」

紙幣の選択をします。組み合わせは$20札か$50のみです。$100などは受け取る事が出来ません。
ステップ7:取引の開始
オーストラリアの銀行
 
「Transaction in progress」

全ての入力が完了すると、処理が開始されます。ちょっと待ちましょう。
ステップ8:カードの取り出し
オーストラリアの銀行
 
「Please remove your card」

しばらく待つとカードが出てくるので、カードを取り出します。
忘れないように。
ステップ9:レシート・紙幣の受け取り
オーストラリアの銀行 カードを取り出すと、紙幣、レシートの順に出てくるので受け取ります。これで、引き出しは完了です。

(※写真は拡大不可)

【カード紛失時の対処方】
銀行のカードを紛失した場合は、早急に停止する必要があります。最寄の銀行に行くか、電話をしましょう。また、カードの再発行手続きは各支店で行えるので、カードを紛失した旨伝えて、新しいカードを作成してもらいます。新しいカードは最初に作成した時と同様に、郵送で送られてきます。なお、口座番号などはそのまま引き継ぎます。